せっかく沖縄人だから「東南植物楽園」で動植物に魅了されてきた!

テーマパーク

ハイターイ(‘ω’)ノ

せっかく沖縄人うちなーんちゅのズケです。

前回のブログで、魅力的な青さの翡翠葛ヒスイカズラを見に行ってきたのですが↓(前回ブログ)
せっかく4月だから’全長35m!ヒスイカズラ棚’に魅了されてきた!

今回は、そのヒスイカズラ棚がある「東南植物楽園」の魅力を紹介するさぁ(*‘∀‘)

始めていったとき、実は翡翠葛だけが目当てだったんだけど

行ったらそこは自然の凄さと動植物の魅力に溢れてた

世界の珍しい植物が見れる

それは「ロックガーデン」と「植物園」にある!

赤い血ようなの樹液を出す「竜血樹リュウケツジュ」。

写真では、中央あたりの針のような葉っぱがびっしり生えた木々が「竜血樹リュウケツジュ」です。

遠いカナリア諸島(アフリカ大陸の北西部の島々)

または、ソコトラ島(インド洋)に自生する木ですが、ソコトラ島に自生するものは

なんと7000年!?のものがあると言われている長寿の木。ちなみに、東南植物楽園の竜血樹は推定200年~300年らしい!!

流血という名のとおり、傷をつけると出てくる真っ赤な樹液は

止血止めなどの薬になったり、

染料になったりとヨーロッパ諸国や中国では大昔から貴重な資源だとか!

また、東南植物楽園は

「日本一の竜血樹リュウケツジュの群生」というのです!珍しい上に日本一!

そして!よく見ると数十年に一度しか咲かない「リュウゼツラン」が手前にあるじゃないですか!!しかも開花 詳しくは前回のブログ↓
せっかくだから数十年に一度きりの花。「リュウゼツラン」が国場に咲いてるから見てきた。

「植物園」にある「バオバブ」の木々。


アフリカを彷彿させる夕日とバオバブの木々。(遊びすぎて結構な時間いた)

アフリカのサバンナ地帯に多く分布。『星の王子様』でも有名!

現地の自生するバオバブの木は上下逆さのようななんとも言えない形をしています。

樹齢も長く、数千年に達するものもあるそう。竜血樹もそうだけど、不思議な木はみんな長寿だね

東南植物楽園のバオバブは現地とは違う自然環境からか二股になっているバオバブが多数あります。

これもまた不思議ねぇ(*’▽’)

ちなみに、この植物園はメインの園内とは、道路を挟んで反対側にあります。
「東南植物楽園」びっくりするほど広い

動物とふれあえる

ひーじゃー率多め。そして、意外と動物たくさんいます。

今回は赤ちゃんヤギや赤ちゃんアグー?(もしかしたらイノブタ?)のかわいい姿も。

他にも、リスザルやモルモットのなどなど。個人的にちょーおっとりのカピバラと人懐っこいヤギが好き
大体の動物は1回100円くらいでエサあげ体験できます。

また、出口近くの売店では爬虫類と昆虫も待ち伏せいています!(マダガスカル原産のでっかいゴ〇〇リもいたよ

ユスラヤシ並木は日本一

スラっと天高く一斉に伸びるユスラヤシの並木道。

この壮大な規模は日本で東南植物楽園だけなんだとか!

1968年創業の長い歴史が生んだ景観なんでしょうか。このユスラヤシの並木道の入口には

創業当時に種を持ってきたお話の看板がありました。(メモも取らずにすみません

でも、種から育てたらしいですよ!凄い大きく成長してますよね

この道、

ユスラヤシが作った木陰で涼しい~(*‘∀‘)

そして、静けさの中から聞こえる鳥のさえずりが心を落ち着かせます。

まだまだ見どころ満載「東南植物楽園」

園内は広大な敷地で、他にも普段見れないような植物がいっっぱいありました!

他にも季節を追うように

素敵な姿を植物たちは見せてくれるそうで、

5月下旬~7月頃は

湖の一面に広がるハスが見ごろらしいですよ。わぁ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

また、

今回は参加してないのですが、

500円でガイドツアーがあったり、

小さな子供から大人まで楽しめるような

体験・学習プログラムがあったりとアクティビティが充実

そして、園内で採れたハーブや近隣の農家さんから採れた野菜を使用した

レストランもあるのです絶対今度は行きたいっ(ヨダレ)

行く前には「東南植物楽園」のHPを要チェック

↓お得なチケットがインターネットで購入できますよ
東南植物楽園HP

見る・学ぶ・体験する(食べる!!)の

三拍子そろった

「東南植物楽園」

老若男女問わず、自分の楽しみ方が見つかる場所です。

「今度の休みはどこ行こっかなぁ・・・。」

「そうだ!東南植物楽園へ行こう!」
で決まりさー(*‘ω‘ *)

りっかりっか
また
やーさいっ

今回も最後まで読んでくれてありがとー

コメント